掌蹠膿疱症について

掌蹠膿疱症について

掌蹠膿疱症は手のひら、足の裏に水疱、膿疱が生じる病気です。爪の変形や胸骨と肋骨の間の関節に炎症をおこすこともあります。その場合は胸が痛くなります。
手足の病変部に細菌や水虫がいるわけではないので、人に移ることはありません。たまに水虫を合併することもあるので、必要に応じて検査します。

 掌蹠膿疱症の原因

はっきりとした原因はわかっていませんが、虫歯、扁桃炎、中耳炎といった慢性の感染症が原因で生じることもあります。また、金属アレルギーがある人では歯に詰めた金属が原因で生じることもあります。 喫煙者に多く生じることが分かっており、喫煙も悪化させる要因と考えられています。

 掌蹠膿疱症の治療

治療:ステロイド外用剤、ビタミンD3剤の外用を行います。重症の場合はビタミンA製剤、免疫抑制剤などの内服を行うこともあります。光線療法も有効です。
虫歯、扁桃炎、中耳炎が存在する人はそれらの病気を治療することで、掌蹠膿疱症も改善、治癒することがあります。 金属アレルギーがある場合は、その金属が歯の補綴物に入っていれば除去することが有効です。

初診受付サービス ページトップ

初診予約サービス

皮膚小手術 粉瘤など 詳しくはコチラ

院内処方について 詳しくはコチラ

患者の気持ち 谷保駅前皮フ科