湿疹・あせも

酒さ(赤ら顔)について

酒さは顔の毛細血管が広がって赤みが出て、いわゆる赤ら顔の状態になる病気です。肌が敏感になりほてり感も生じます。
悪化すると鼻、頬に丘疹(ブツブツ)を生じることもあります。
はっきりとした原因はわかっておらず、血管の機能異常や皮脂の分泌、代謝異常も関係していると考えられています。

 酒さの治療

酒さは人によって薬の効果が異なることが多く、必ず有効な薬が存在しない病気です。状態に応じて塗り薬、飲み薬(ビタミン剤、漢方薬など)などの中から適切な治療法を行います。
ステロイド外用薬を使うと一時的に改善しますが、その後必ず悪化します。ステロイド外用薬を使い続けると酒さ様皮膚炎というステロイド外用薬の副作用を生じるので、酒さに対してステロイド外用薬は使うべきではありません。
酒さは完全に治るには時間がかかり、いったん改善してもまた症状を繰り返すこともあります。
抗寄生虫薬の外用が海外では広く行われていますが、日本では保険治療の対象になっていません。当院では抗寄生虫薬を自費診療で処方しています。費用は5gで1000円となっています。

初診受付サービス ページトップ

初診予約サービス

皮膚小手術 粉瘤など 詳しくはコチラ

院内処方について 詳しくはコチラ

患者の気持ち 谷保駅前皮フ科