疥癬

疥癬について

疥癬はヒゼンダニというダニが皮膚に感染することで起こりる病気です。全身が非常にかゆくなることが特徴です。老人施設、病院、家庭内などで人から人へ感染して発症します。見た目では湿疹と区別が困難で、手足や陰部からヒゼンダニやヒゼンダニの卵を顕微鏡で確認することで診断できます。

手足や陰部の病変を顕微鏡で確認すると、ヒゼンダニが見つかります。これで疥癬と診断ができます。

 疥癬の治療

ヒゼンダニを殺す薬(ストロメクトール、スミスリンローション)で治療します。完治には1ヶ月程度かかります。その後も痒みが残ることもあり、再発の危険もあることから3ヶ月間はフォローが必要です。

 疥癬の注意点

疥癬の方の肌に触れた後は手を洗うようにして下さい
家庭内では肌と肌が触れるような濃厚な接触はなるべく短時間にして下さい。
同じ部屋で布団を並べて寝ないで下さい。
ダニは高温、乾燥に弱いため、布団はまめに干し、下着やシーツは毎日洗濯しましょう。
タオルなどを介して移ることもあります。
タオルなど直接肌に接するものは他の人と共用しないで下さい。
洗濯は通常の方法でかまいません。
洗濯物を別にしたり、風呂のお湯を交換する必要はありません。
部屋は湿気を避け、よく掃除機をかけましょう。
1ヶ月程度の潜伏期間があり、現在は症状がなくてもしばらくは身近にいた人にすでに感染している可能性もあります。かゆみがあるなどの疑わしい症状がある方は皮膚科を受診して下さい。

初診受付サービス ページトップ

初診予約サービス

皮膚小手術 粉瘤など 詳しくはコチラ

院内処方について 詳しくはコチラ

患者の気持ち 谷保駅前皮フ科