尋常性白斑(白なまず)

尋常性白斑(白なまず)について

尋常性白斑とは皮膚に白斑(白い部分)が生じる病気です。俗に白なまずと呼ばれます。体の一部にのみ生じることもありますが、全身に生じることもあります。
白斑を生じる病気は、尋常性白斑の他にも老人性白斑、単純性粃糠疹、白色癜風、膠原病などがあります。病気によって治療法が異なるため、どの病気によって白斑が生じているのかを正確に診断することが重要です。

他の病気でも尋常性白斑によく似た白斑を生じます。病気によって適切な治療法を選択する必要があるので、皮膚科医に正確な診断を受ける必要があります。

 尋常性白斑の原因

皮膚の色素を作る細胞や色素に対する免疫反応が生じることで皮膚の色素が破壊され、白斑が生じます。その免疫反応が生じる原因については分かっていません。甲状腺疾患などの病気にともなって生じることもあります。白斑は膠原病などの他の病気が原因で生じることもあるので、必要に応じて検査します。

 尋常性白斑の治療

皮膚の色素に対する免疫反応を抑えるためにステロイド外用薬などの治療を行います。白斑の元になった病気がある場合はその治療を行う必要があります。白斑に紫外線を照射する方法(光線療法)も有効です。
外用薬、光線療法で効果がなければ手術(植皮術)を行うこともあります。当院ではミニグラフト法と呼ばれる手術を行っています。正常な皮膚の部分から皮膚を採取し、白斑の部分に埋め込みます。埋め込んだ皮膚から色素が周りに広がることで白斑が治癒します。尋常性白斑に対する植皮術は健康保険の対象になっていないため、自費診療になります。


初診受付サービス ページトップ

初診予約サービス

皮膚小手術 粉瘤など 詳しくはコチラ

院内処方について 詳しくはコチラ

患者の気持ち 谷保駅前皮フ科