とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひ(伝染性膿痂疹)について

とびひは、正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と称し、皮膚への細菌感染によって発症し、人から人へとうつる病気です。特にアトピー性皮膚炎の患者さんは、皮膚のバリア機能が低下しているため、とびひにかかりやすいので注意が必要です。

掻きむしった手を介して、水ぶくれがあっという間に全身へと広がる様子が、火事の火の粉が飛び火するのに似ているため、「とびひ」と呼ばれます。

とびひには、水ぶくれが出来る水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)と、かさぶたが出来る痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)の2種類があり、それぞれの特徴は以下のとおりです。

 水疱性膿痂疹

皮膚に出来た水ぶくれが、だんだん膿をもつようになり、やがて破れると皮膚がめくれてただれてしまいます。痒みがあり、そこを掻いた手で体のほかの場所を触ると、症状が体のあちこちに広がってしまいます。

とびひの多くはこのタイプで、黄色ブドウ球菌が原因です。

 痂皮性膿痂疹

皮膚の一部に膿をもった水ぶくれ(膿疱)が出来、厚いかさぶたになります。炎症が強く、リンパ節が腫れたり、発熱やのどの痛みをともなったりすることもあります。

主に化膿レンサ球菌が原因となりますが、黄色ブドウ球菌も同時に感染しているケースが少なくありません。 とびひには、原因となる細菌を退治する治療を行います。痒みが強い場合には、痒みを抑える治療も行われます。

とびひは、ひどくならないうちに治療を始めると、より早く治すことが出来ます。 気になる症状があれば、早めに皮膚科を受診しましょう。

とびひの治療には、主に抗菌薬を使います。また、必要に応じて抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬、亜鉛華軟膏なども用い、痒みや炎症を抑えます。

初診受付サービス ページトップ

初診予約サービス

皮膚小手術 粉瘤など 詳しくはコチラ

院内処方について 詳しくはコチラ

患者の気持ち 谷保駅前皮フ科