乳児湿疹

乳児湿疹について

乳児に生じる湿疹を総称して乳児湿疹といいます。

乳児湿疹には脂漏性湿疹、アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎(かぶれ) 。皮脂欠乏性湿疹(乾燥による湿疹)、食物アレルギーによる湿疹などが含まれます。1回見ただけで区別することが難しいことも多いため、まずは乳児湿疹と判断し、湿疹が治りづらい場合はその原因を区別していきます。

乳児は皮膚が未成熟であるため外部からの刺激(乾燥、蒸れ、よだれなど)ですぐに湿疹が生じることが多いです。成長すれば自然に湿疹が生じなくなることがほとんどです。

 乳児湿疹の治療

ステロイド外用薬を用います。乾燥が主体の場合は保湿剤も用います。

ステロイド外用薬を使うとよくなるが、しばらくするとまた湿疹ができることもあります。乳児は湿疹ができやすいので、多少繰り返す程度であれば心配はありません。ステロイド外用薬をその都度使用する程度で副作用が生じることもありません。

多くの場合、成長すると自然に湿疹が生じなくなります。乳児湿疹の状態が悪いと食物アレルギーやアトピー性皮膚炎になりやすいことが分かっています。しっかり治療して食物アレルギーやアトピー性皮膚炎を予防するほうがよいでしょう。

初診受付サービス ページトップ

初診予約サービス

皮膚小手術 粉瘤など 詳しくはコチラ

院内処方について 詳しくはコチラ

患者の気持ち 谷保駅前皮フ科