シラミ症

シラミ症について

シラミが人に寄生し、血を吸うことでかゆみをきたす病気です。シラミの種類にはアタマジラミ(頭髪に寄生)、コロモジラミ(衣服に寄生)、ケジラミ(陰毛に寄生)があります。
シラミが寄生してから1~2ヶ月後にかゆみが出現します。毛髪にシラミやシラミの卵が付着しているのを確認することで診断できます。シラミの卵はフケと区別がしにくく、顕微鏡で確認して診断します。

毛髪に付着したものを顕微鏡で観察し、シラミの卵であることを確認します。

 シラミ症の治療

シラミを退治するシャンプーで治療します。アタマジラミは子供どうしで感染しやすいので、きょうだいは全員同時に治療しましょう。剃毛したり、虫体、虫卵を櫛で全て除去することでも治療できますが、あまり現実的ではありません。

 シラミ症の注意点

接触により感染します。治るまではタオルの共用は避けましょう。プールの使用は断られることが多いようです。きょうだいには移りやすいので、きょうだいも同時に治療しましょう。
アタマジラミは大人には移りにくいので、両親が同時に治療する必要はありませんが、かゆみがあるようなら両親も受診して下さい。

初診受付サービス ページトップ

初診予約サービス

皮膚小手術 粉瘤など 詳しくはコチラ

院内処方について 詳しくはコチラ

患者の気持ち 谷保駅前皮フ科