かぶれ(接触皮膚炎)

かぶれ(接触皮膚炎)について

かぶれとは皮膚に触れた物質によって起きた皮膚の炎症で、正式には接触皮膚炎といいます。物質の接触部位に赤み、水疱、びらん、かさぶたなどができます。
様々な原因で生じますが、市販の水虫薬、湿布薬、化粧品などで多く生じます。

 かぶれの治療

原因となった物質とは接触しないことが最も重要です。
起こった皮膚炎に対してはステロイドの外用薬が有効です。症状がひどい場合はステロイドの内服薬も使うことがあります。

初診受付サービス ページトップ

初診予約サービス

皮膚小手術 粉瘤など 詳しくはコチラ

院内処方について 詳しくはコチラ

患者の気持ち 谷保駅前皮フ科