しみの治療

しみの治療について

しみとはメラニン色素が肌に沈着して出来る、薄茶色から濃褐色の斑点のことです。しみの原因は紫外線や老化、ホルモンバランスの乱れ、遺伝的要素などさまざまで、原因や症状によって下記のような種類に分けることが出来ます。

  •  老人性色素斑
  •  炎症性色素沈着
  •  肝斑
  •  雀卵斑(そばかす)
  •  脂漏性角化症
  •  花弁状色素斑

実はしみは種類ごとに治療方法が異なる上に、同じ人に複数の種類のしみが混在するケースもあるのです。

そのため治療するにあたって最初にすべきことは、しみの種類をきちんと特定することです。しみの治療法はしみの種類によって異なりますが、以下のようなものが挙げられます。

 皮膚科で行う顔のしみ取り治療

当院ではしみの治療として、美白作用のある外用薬の塗布と、内服薬の服用を主に行っています。

いずれもしみの種類を特定した上で処方する医薬品です。

 外用薬の塗布

 ハイドロキノンクリーム

漂白作用が強く、有効成分が5%と高い濃度で含有されています。

 トレチノインクリーム

コラーゲンを産生して皮膚のターンオーバー(新陳代謝)を促し、メラニンを排出してお肌にハリや弾力、潤いを蘇らせる効果があります。

いずれも経過観察した上でしみの状態に合わせて使用する必要があります。医師の指示をきちんと守って使いましょう。

 内服薬の服用

 トラネキサム酸

メラニン生成の要因の一つとされるメラノサイト活性化因子をブロックし、メラニンの生成を抑えます。

 ビタミンC誘導体

高い抗酸化作用があり、メラニンにはたらきかけて色素沈着を緩和します。体の中では生成されないので、内服することでしみ取りに効果を発揮します。

初診受付サービス ページトップ

初診予約サービス

皮膚小手術 粉瘤など 詳しくはコチラ

院内処方について 詳しくはコチラ

患者の気持ち 谷保駅前皮フ科