ひょう疽

ひょう疽について

ひょう疽とは爪の周りの皮膚に細菌が感染し、炎症を起こした状態です。細菌性爪囲炎とも言います。傷などをきっかけに生じることもありますが、特に傷がなくても起こることもあります。陥入爪(爪が皮膚に食い込んでいる状態)や巻き爪、絆創膏をあてることで生じる場合もあります。

 ひょう疽の治療

主に抗生剤の内服で治療します。軽症の場合は抗生剤の外用で治療します。
膿を持った場合は切開して膿を出す必要があります。
陥入爪が原因となる場合は、陥入爪の治療をしないと繰り返します。

初診受付サービス ページトップ

初診予約サービス

皮膚小手術 粉瘤など 詳しくはコチラ

院内処方について 詳しくはコチラ

患者の気持ち 谷保駅前皮フ科